イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
こたえあわせ
c0016273_22114638.jpg

乳腺炎話しの続きですが、しつこくてすいません。(笑)

不調が起こった場合に原因と思われることを探します。
例えば、どんなものを食べたかった、どんなスケジュールで動いたか、どんなことがあったか、どんな気持ちでいたか…など。

それを踏まえて起きた事象に対してどうしてそうなったのかを自分なりに解釈して反省し、学びに変えます。

とはいえ、自分のことはわかりにくいもので、そんな時に答え合わせができる先生がいるととても頼もしいです。

私は乳製品と甘い物の食べ過ぎから腎を弱めていると自覚してました。
そのために冷えて流れが悪くなっているのかなと。
それで背中の左側が腫れていたり、手や顔がむくんでいたり。

夫の診たてもやはり腎で、腎の母である肺、大腸を強めるような手当を重点的に考えました。

そして針の先生に実際身体をみてもらうと、胃が弱っていると。
確かに胃がおかしい。。。
調整していただき、その後はとても楽になって、背中の腫れもひいていました。
症状を引き出してもらうと、胃の不調がありありと表面にでてきました。
お腹や内腿に湿疹もできていたりで、いかに自分の身体をみていなかったか、身体の声を聞いていなかったかを痛感しました。

そして今は土用。
脾、胃の季節です。
私の身体は春に向けて季節の影響も受けていたのでしょう。

まだまだ勉強の途中。
素晴らしい師と巡り逢えたことに感謝しております。

今回の乳製品で、うまくは言えないのですがスイッチが入った感じです。
何か切替わりました、うーん、うまく言え無い。

まだ少し身体に残るものを立春までにゆっくり排出してゆけたらいいな。

母になって初めての春を軽やかな気持ちで迎えたいな。
[PR]
by soyamilkcafe | 2013-01-30 00:10 | 時候
農林61号のパン
c0016273_2331240.jpg

例えるなら、世界中に散らばる美しいものや、為になる言葉や、憧れの物を拾い集めて一生懸命に外へ外へ向かってゆくけれど、ほんとに欲しかったものは、すぐそこにあるっていうことを体現したパン。

ちょっと大袈裟かな。。。

ただね、やっぱり地粉はうどんが美味しいなぁと。
練って茹でるのがいいなぁと。
もしくは、炭火で焼く。おやきみたいなもの。

もちろんパンも美味しいのだけどね、こればかりは好みの問題かもです。

パン屋さんとして、群馬県民として、フードマイレージや、消費システムに疑問を持つ者として、そしてなによりお百姓さんと顔の見えるおつきあいがしたいから、地粉パン、改良しながら良いものにしてゆきたいと思います。
時間はかかると思いますが、どうぞお楽しみに。
[PR]
by soyamilkcafe | 2013-01-29 23:18 |
ひとりではないなって
c0016273_20552888.jpg

久しぶりに乳腺炎になってしまいました。
原因は…
まぁ、思い当たることしかありません。
あえて戒めのために記録として残すと、お餅に始まり、ケーキ、ドリア。
2週間でこの3種は授乳中の身にはいささかヘビーでした。
あとは年末から続く食べ過ぎで胃が弱っているのもあったかも。です。

自己管理の甘さで月に一度の日曜日営業に穴を開けてしまって、楽しみにしてくださっているお客さまに申し訳ないことをしてしまいました。
この場をかりてお詫び申し上げます。

そして、高熱で寝込んでしまった私の変わりに仕込んであったパン生地を焼いてくれたしのっち、島田さん、ようこさんありがとう。お味噌作りで疲れているところだったのに…ほんとに助かりました。
せっかくの日曜日なのにお手伝いに来てくれたフミちゃん、荒井さんありがとう。
お弁当を作って持たせてくれた秋山さんありがとう。高熱で家事全般ができなかったから有難い差し入れでした。美味しいし…

熱とダルさで苛立っている私をフォローしてくれるダンナさま、ありがとうです。
いろいろなお手当をしてくれたから、薬に頼らず乗り切れました。
「大根湯がのみたい、里芋湿布して欲しい。」
そんな要望を難なくこなしてくれるのはとても頼もしいです。

つくづく支えられて生きてるなって。
ひとりじゃないなって。

強く思います。

そして私もみなさんにお返しができたら、少しでもどんな形でもお役に立てたらって。
願います。
[PR]
by soyamilkcafe | 2013-01-27 20:32 |
あとやく
c0016273_1155044.jpg

女37歳の厄除けに行ってきました。

本厄だった去年に出産という大きな事を経験して、やっぱり大変な事になってしまいましたが、命があっただけでもありがたいことなのだと思うようにしなくては、ですね。
厄年に男の子を生むと厄が落ちるなんて聞いた事がありますが、今年は後厄です。
やっぱりあまりゆるまず気をつけよう。
[PR]
by soyamilkcafe | 2013-01-20 10:59 | 時候
ゆき
c0016273_21402031.jpg

今年はじめて降った雪。
息子にとっては生まれてはじめての雪。

家族で残す足跡。
ネムとラクももちろん一緒。

刻む記憶

家族は家族になってゆく。
[PR]
by soyamilkcafe | 2013-01-14 21:29 | 時候
111
三並びの「1」の日に息子は8ヶ月になりました。
つかまり立ちも上手になって、伝い歩きをするようになって、ますます目が離せません。
いろいろなものに興味があって、掴んでは口に入れています。
ホコリや小さな糸くずなど見つける名人で、ヒヤヒヤ…
ニコニコ微笑んだり、大きな声で笑ったり、はたまた気に入らないコトがあると大声で泣いたり。
感情の表現がとても豊かになりました。
ストローで上手に飲んだり、手づかみで食べたり、教えたわけでもないのに、どんどんできるようになってゆきます。

ああしようとか、こうあってほしいとか、あれをしたほうがいいのではないかとか、頭を悩ませたり理想を掲げたりもしますが、詰まるところ、私が息子にしてあげられることはたいして無くて、せめて体と心のもとになるごはんをしっかり作ることくらい。

自己満足かもしれないけれど、小さいうちは電子レンジも冷凍もミキサーも使わずにと頑張っています。
火で調理して、蒸したり、濾したり、すり鉢であたったり、摩り下ろしたり。
手をかけて、気をこめて。
できるだけ、ですが。


c0016273_1795871.jpg

[PR]
by soyamilkcafe | 2013-01-11 16:52 | みのり
かぜはじめ
c0016273_1011068.jpg

息子はまたまた風邪をひきました。
年末年始の暴飲暴食がたたっているかな?
なんて例によって自分を責めるのですが、赤ちゃんってほんとによく風邪をひきますね。
鼻づまりにはじまり、咳へと。
前回同様の症状なので蓮根湯とアロマオイルでお手当。
今回は咳が酷くて夜眠れなくて辛かった(母子ともに…)

咳き込んで、吐いてしまうこともあって、少し不安になって念のためかかりつけの先生のところへ。
様子からは百日咳や肺炎ではないから大丈夫!とのお言葉をいただいてホッと一安心。
最近は大人の百日咳が流行っているそうなのですが見抜けない医者が多いので、心配だったら来るようにと。
ワクチン全般を受けていないので、信頼のおけるお医者さまとの連携は心強いな。
とつくづく。
ワクチンのことは色々な考えがあるので、全否定はしませんが、我が家は受けるものは最小限にとどめます。
(ちなみに任意接種のものは全て受けません)
この件は長くなるので、また後ほど。

症状は4日ほど強い状態が続き、5日目からは咳の音、鼻水の種類(サラサラからドロドロに)変わってきました。
咳き込んで吐いてしまって、その中に痰が混ざってました。
大人のように痰を出すことができないので、そうなるのかな?
痰が出てちょっと一安心。
胸の奥でゴロゴロ絡んでいた痰が出た様子で呼吸もすっきり。

たぶん検査したらRSウィルスでしょうと先生が言ってましたが、痰や鼻水の色が青いので、やっぱりウィルス性の風邪みたいです。人の集まるところを避けていたけれど、ピュアな体にはどこかの隙間からスっと入ってしまったようです。

息子の体調と向き合い、自分の弱さをつくづく感じます。
いろんな病気になって強くなるのは、子どもだけでなく、親の精神力もなのでしょうね。
[PR]
by soyamilkcafe | 2013-01-10 09:28 | みのり
迎春
c0016273_1025557.jpg

新年を迎え、お慶び申し上げます。

今年はどんな年になりますでしょうか、まだ考えがまとまらず、いろいろなコトに思いを巡らせています。

子育てもこれからいよいよ忙しく目の離せない時期になります。
そのなかでどのように仕事と両立させてゆくか、もう一度しっかり考えてゆきたいと思います。
また、足元が揺らがないようにたくさん学びたいと思います。
マクロビオティックも基本に立ち返り、実は一昨年から勉強し直しております。
今年はより深く広く柔軟に学び、いつか皆さんとシェアできるように身に付けてゆきます。

2011年の大震災、2012年の出産、大切な人との死別を受け、2013年はそれらのことを内観し生きることの原点に戻る年になりそうな予感です。

ただ、固執せず流れに身を任せ、でも芯はぶれずにいきたいと思います。

日々が喜びと笑顔であることを大切にして。

どうぞ本年もよろしくお願いします。
[PR]
by soyamilkcafe | 2013-01-07 07:12 | 時候
no title
c0016273_16424310.jpg

[PR]
by soyamilkcafe | 2013-01-01 16:41 | 時候