イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
灯りがともりました
c0016273_21213160.jpg


秋の日はつるべ落としと言いますが、すっかり暗くなるのが早くなりましたね。
imaの入り口に灯りがつきました。
少しだけお店らしくなりましたよ。
[PR]
by soyamilkcafe | 2010-10-31 21:23 | 日々
間引きのすすめ
c0016273_23143070.jpg

彼岸花が咲く頃に蒔いた種がめきめきと育っていました。
写真は左からラディッシュ、ルッコラ、水菜。
他にもRASAの畑には現在「ほうれん草、青梗菜、小松菜、大根3種、かぶ、白菜、にんじん、ブロッコリー、キャベツ」が植わっています。
今日は間引きのお手伝い。
ほうれん草と小松菜と一緒に生えている雑草を鎌でかりつつ、間引いてゆきます。
気の遠くなる作業ですが、間引きも草むしりもとても気持ちが落ち着くので好きです。
京都へ座禅に言った時に妙心寺のお坊さんに「草むしりは煩悩を摘むのですよ」なんて聞いたのを思い出しました。
最近少し欲張りになっていた自分の気持ちと向き合う良い時間になりました。

間引きの楽しみはなんと言っても間引き菜。
柔らかくて味の穏やかな若い葉っぱたちは、どんな風に食べてもオイシイです。
とりあえず大好物の小松菜を畑でバリバリ食べました。
どんなごちそうにも代え難い贅沢なお味です。

c0016273_23274845.jpg

お待ちかねのお昼ゴハンは。
RASAFARMご主人のお手製です。ご本人は食養中のため肉、魚、卵、乳製品、精製された食品の一切を召し上がらないのですが、お手伝いの人のために今日はサバの味噌煮、卵焼きの入ったお弁当を作ってくれました。
穂紫蘇の佃煮やショウガの味噌漬けなど、ゴハンのお供がうれしいお弁当でした。


c0016273_23332236.jpg

帰りに、畑の端にたくさん咲いている紫の小さなお花と「あかまんま」を摘んで小さな花束にしました。
そんなことをしていたら奥さんがこの花なんだかわかる?と声をかけてきました。
c0016273_2335191.jpg

昼顔のような形の小さな白い花。
見た事の無い花だけど、葉っぱの形状は見覚えがあるなぁ。。。。







正解は大好物の「空芯菜」でした。
そのままにしておくと可愛い花をつけるのですね。

間引きは野菜を作る上でとても大切な作業。
はじめはもったないような気がしていたのだけど、そのままぎゅうぎゅうの状態で育てていたら共倒れになってしまうので、しっかり間引いて美味しくいただいて、また収穫を待つというのがベストだと知りました。
まだまだ畑のことはわからない事だらけだけど、年に1度しかない経験の時間を大切にしてゆきたいと思います。
まだまだ作業はたっくさんあります。
お手伝いも募集しているので、興味の有る方はお気軽にお尋ねくださいね。

今後の予定
・11月前半。。。。。間引き再び
・11月後半。。。。。玉ねぎの植え替え
[PR]
by soyamilkcafe | 2010-10-25 23:49 | 時候
やってしまったぁ…
夕べは仲良くして頂いている方たちとサンデールームさんで満月食事会に行って来ました。

それはそれはどれもおいしくて、丁寧に作られたお料理、さりげない心使いに体も心も満たされました。

そんなおだやかな空気の中で、やってしまいました。
菊と菜っ葉のお浸しがあまりにも美味しくて、無理をいっておかわりを用意していただいたのです。
少し大きめな器に品良くよそわれたお浸しを、思わず独り占めして、全部食べてしまいました。
みんなにお分けすることなく、ガツガツ…

「いやぁ、一人っ子だからわけあう感覚がなくて…」などと言い訳をしつつ、笑い話しにしてくれた皆さまに感謝です。
内心はすごく恥ずかしかったのですが、まんまるお月様とおんなじのまんまるな笑顔な時間を過ごしました。
おいしい時間をありがとうございました。
[PR]
by soyamilkcafe | 2010-10-24 13:54 | 日々
今日の一皿
c0016273_8302347.jpg

10月の日々のパンが始まりました。
今月は乳製品もなしなのでヴィーガンメニューになりました。
盛りつけは自由に。
美しい一皿の出来上がり。

ちょっとしたおもてなしにどうぞ!
[PR]
by soyamilkcafe | 2010-10-24 08:34 | お商売のこと
そらのいろ
c0016273_21295036.jpg


imaの裏ちゃくちゃくと進んでます。
ダンナ様のスタジオになる予定なので、ダンナ様の好きな色のペンキを壁に塗りました。
天井も、壁も空の色。
なんだか気持ちの良い曲ができるような予感です。。。。
[PR]
by soyamilkcafe | 2010-10-19 21:31 | 日々
秋の空としゃぶしゃぶ
c0016273_22573424.jpg

先日、藤岡の秋山農園さんで稲刈りのお手伝いをさせていただきました。
昔ながらの農法でお野菜やお米、麦を育てる秋山さん。
1反足らずの田んぼを3人掛かりでバインダーを使って刈ったのだけど、ほんとーーーーに疲れました。もちろん翌日は筋肉痛。
刈った稲は天日で乾燥します。本当に昔ながらの方法です。
田植えもお手伝いさせていただいたので、こうしてお米になってゆく様子を身をもって感じられると、本当にお米の一粒も無駄にはできないとしみじみ思いました。
一粒のお米に7人の神様。
大切に大切にいただきます。

稲刈りの後は採りたてのお野菜のしゃぶしゃぶ。
ついさっきまで畑になっていた野菜たちをお出汁にくぐらせていただきます。
豆ゴハン、麦茶、ゴマ団子、地粉のピザ(みたいなもの?)。。。。
すべてこの農園で採れたものばかりをいただきました。
ほんとうに土地と体が繋がる感覚です。

生産者の方と直接交流する機会を得る事ができてたくさんの学びと自身の未熟さを知る事ができました。
いつでも謙虚な姿勢で自然と対峙する生産者の皆さん。
ワタシもそういう気持ちを忘れずに感謝と思いやりの心で生きてゆきたいと思います。

貴重な時間をありがとうございました。
[PR]
by soyamilkcafe | 2010-10-15 23:08 | 時候
あこがれの断熱材
c0016273_1422340.jpg


とにかくかく寒いのです。。。。。
古いトタンの家なので、壁も薄いし、もちろん断熱材も入っていません。
土壁だったら少しはましだったのかもしれないけど、なにせ元物置なので。

imaの裏のお部屋にはあこがれの断熱材が入りました。
これで少し暖かくなるかな。。。。
今年はしもやけにならずにすむかな。。。
ちょっと期待しています。

「あったけーと、人間が弱くなる」
そう言った父の言葉はしっかり受け止めつつ、
せめてひと部屋だけでも暖かい部屋にしたいと思うのでした。

バランス、バランス!
[PR]
by soyamilkcafe | 2010-10-09 14:26 | 日々
シンプル
c0016273_14172834.jpg


たいていの食べ物は塩、醤油、少しの油。
時々こしょう、味噌。

複雑な味付けは複雑な思考を生む。
(ような気がする)

できるだけシンプルに生きたいのです。

だから日々の食事はシンプルなモノを食べるのです。

いただきます。
[PR]
by soyamilkcafe | 2010-10-09 14:20 | 日々
imanoura
c0016273_19445946.jpg

地震対策をかねて柱で補強するついでに父に手伝っていただきながら物置を作っています。
(住居部分の下は材木置き場になっていて柱が無かったのです)
補強で建てた4寸柱が13本!!ずいぶんしっかりしました。
だけど家自体が斜めに3cm傾いてるので相変わらずモノは転がります。
貰い物のサッシがあったから窓をつくるのだけど、サッシの枠が無いので開かない窓になりそう。
だけど光が入る方がいいから、やっぱり窓をつけよう!
色々と突っ込みどころ満載だけど、材料費0円で作っているので文句は言いません。
まぁ雨風しのげて暮らせているのでじゅうぶん幸せです。

物置のつもりだったのですが、徐々に形になってくると、なんだか居心地が良さそうなので将来cafeにしようかなぁ。。。なんて思ってます。
でもそダンナ様のスタジオにするかもしれません。
隣同士でお仕事ができるのはちょっと嬉しいので。。。。

c0016273_19481854.jpg

土間の部分にはモノを置く棚もつけてもらいました。
ちょっとカウンター風なので、ここで立ち飲み屋ってのもいいかも!!
またまた廃材で作っているので所々うねりがあるけれどそこはご愛嬌で。

たくさん木っ端があるから、ゆくゆくはだるまストーブを買って燃し木にしよう。
するめをあぶって熱燗で。。。。
ホルモンもいいかも。。。。。。

imaの裏はただいまおもしろく変化中です。
[PR]
by soyamilkcafe | 2010-10-06 19:51 | 日々
稲刈りのころ
朝晩の肌寒さにお布団たんが恋しい季節になりました。
稲穂はたわわに実り、今か今かと収穫の時を待っています。

秋ですね。。。

数年前の新月に書いた願い事が少しづつですが叶っています。
「農のある暮らし」と「犬のいる暮らし」
この2つの願いが叶ってからは毎日がとても喜びと発見に溢れています。
畑を1年通して手伝ってみて感じた事、学んだ事。
まだまだ足を一歩踏み出しただけですが、これからも生きテクを身に付けてゆきたいと思います。
食べ物に携わる仕事をしているので、やはりお客様に食べていただくものにはできるだけ自分が関わった物を使いたいと思っています。
0から畑をするのは現在のワタシにはできないので、できることだけを少しだけですが、やはり体感型納得症なので少しでも土に触れる機会を与えてくれる農家さんに感謝です。
そんなわけで稲刈りのお手伝いに興味のあり方はこっそり連絡ください。
お手伝いを募集しております。
[PR]
by soyamilkcafe | 2010-10-06 00:04 | 時候