イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



<   2006年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
できあがった写真をもとに・・・・
c0016273_16573962.jpg


ダンナ様が書いてくれた。

柔らかい表情。
やさしい表情。


さてさて、お楽しみのカヒミ姫のライブです。
今年最後のキャンプ。寒さ対策をしっかりしなきゃ。スープもパンも作らなきゃ。
何だかあわただしい一週間でしたが、体調も回復したのでいっぱい楽しんできますね♪

皆様も良い週末を。
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-09-29 17:09 | 2008マデノ日々
ティラミスもどき
c0016273_14335397.jpg


残ったお豆腐クリームを使ってティラミスもどきを作りました。
参考にしたのはカノウユミコさんの「菜菜ごはん」です。

コーヒーリキュールがないので、濃い目に落としたコーヒーに甜菜糖を加えたものに、おつゆ麩を漬け込んでみました。
お豆腐クリームにも少しレモン汁を加えてチーズっぽい酸味を期待してみました。


そして口に運んだ瞬間、ビックリ。まさにティラミスだったんです。
いやはやカノウユミコさんのアイデア素晴しいですね。ほんと感動しちゃいました。
じっくり野菜や食材と向き合って、対話していこうって思いました。
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-09-28 15:03 | 2008マデノ日々
スマイル晩ごはん
夕べは甘いものが食べたくて、食べたくて仕方が無かった。
だからクレープでお夕飯です。

なるべくうすーく、うすーく生地を焼きたい。
でも不器用なワタシは厚さがバラバラになっちゃう。
でもいいんだ。

だって、楽しいもん。


c0016273_1426788.jpg


こうやって、好きなクリームをのせて。
あ、あとバナナも♪



c0016273_1413382.jpg


「ほら、スマイル」
ダンナ様ってば、鬚面なのに可愛いことするなぁ(笑)



c0016273_14143343.jpg


「実りの秋巻き」
栗芋クリーム+豆腐クリーム+梨



c0016273_1433727.jpg


あまーい、あまーいクリーム。間に合わせにしては上出来でした☆
左から、甘栗とサツマイモのクリーム、お豆腐チョコレートクリーム、お豆腐クリーム。



c0016273_1475865.jpg


でも流石に甘いものだけではダンナ様が可哀相なので、蒸しキャベツと蒸し人参のサラダ、キャベツのごはんスープもプラス。


・・・・・・甘いもの三昧で胃を労わりたかったからキャベツが大活躍です(笑)


たまにはこんな晩ごはんも楽しいね。心もお腹も大満足な夜でした♪

さらに焼き焼き。
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-09-26 15:03 | 2008マデノ日々
中種からパンへ*クルフル*編9/25追記
c0016273_14135498.jpg


全粒粉がたっぷり入った生地で*クルフル*をつくると、素朴な粉の味ををくるみの油分がやさしくコーティングしてくれる。そしてドライフルーツの甘みがとっても良いアクセントになる。

「しあわせな味」

そんな表現がピッタリな、素朴だけど贅沢ななパン。

さてさて今回はベーグルも一緒に仕込んだので、いっぺんに焼くことが出来ませんでした。
少し生地が重くなってしまうけど、寝る時間がなくなってしまうので、1次発酵前の生地を冷蔵庫で保存して翌日に焼きました。

つづき
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-09-25 16:42 | 2008マデノ日々
お願い事の時間です!
新月のお願い事は用意できましたか??
今月は22日 20:45です。

実はワタシ忘れてました(汗)
sasapyさん、BR_GIRLさん、アリガトウ!!!

やり方はコチラを見てね♪
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-09-22 09:40 | 2008マデノ日々
日本列島やさしい気持ち化計画

先週土曜日CAFE SLOWへ山根麻以さんのライヴに行った時のことを少し書きます。

今回のイベントは『 日本列島やさしい気持ち化計画 in カフェスロー 』というもので、これは山根麻以さんが蒔いている、とってもステキなやさしさの種です。

「ため息をつくときは思いっきり笑顔で、すっごくキモチイから!」
会場にいるみんなにそんな言葉をかけて、いっせいに笑顔でため息をつく。
ライヴ前の緊迫した空気が一気に柔らかいものになった。

そしてゆったりした音楽が流れ、手話を交えた歌が始まる。

大きなジャンベにも負けない、彼女のパワフルな歌声に圧倒され、心を揺さぶられ涙が溢れた。

心が解き放たれ、まるで大草原にいるような、とっても気持ちのいい空気にお店全体が包まれる。

「心が優しさで溢れたら、近くにいる人にも幸せになってもらいたいって思うんだよ。だから隣り近所3軒に幸せを広げられたら、日本全部が幸せになるよね!!!そしたらみんな心が幸せで平和で、そしたら戦争なんて起きないよね!」

そんな言葉で締めくくられた素晴しいライヴ。


癒され、励まされた素晴しい一夜でした。
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-09-21 20:38 | 2008マデノ日々
ダンナ様と笑顔
c0016273_1832478.jpg


パンに夢中なワタシ。そんなワタシに見かねてダンナ様がお夕飯を作ってくれた。

メニューは彼の大好きな蓮根ハンバーグ。

「ちょっと粉入れすぎて硬いね」

「でも美味しいね」

「ソースかけたらたこ焼きみたいだよねぇ。笑」

「・・・・パンに夢中になりすぎてゴメンネ。」

遅い我家のお夕飯はゆっくり話せる大事な時間。
だから素直に謝れる。
素直に感謝できる。

ありがとう。
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-09-20 18:45 | 2008マデノ日々
中種からパンへ+ベーグル編+
c0016273_15554982.jpg


粉の味と歯ごたえを楽しむならベーグルが一番。
茹でてから焼くから体への負担も少ないし、なんといっても2次発酵をしないから楽チン。
前の晩に仕込んで翌朝焼きたてのパンを食べるもステキ。
午前中に仕込んでお夕飯にパンを焼くのも楽しい。
上手に時間を使いながら、ゆっくり発酵を楽しむのも天然酵母パンの良いところ♪

さてと、捏ねあがった生地から手のひらサイズの可愛いベーグルが出来るまでのドラマ(大袈裟に言ってみました)を記しますね。


c0016273_15411172.jpg


捏ね上げ直後の生地。
捏ねあがった生地は表面に張りを持たせるように丸めて、ボウルごと大きなビニール袋を被せ、1次発酵させます。22~28℃の室温で約2時間。冬場は半日放置しておいても大丈夫。



c0016273_1661651.jpg


約2時間後の1.5~2倍に膨らんだ生地。
酵母ちゃんの甘酸っぱい少しワインのようなコクの有る香り。
一生懸命膨らんでくれた生地を丁寧にボウルからとりだして3分割し、棒状に伸ばしてベンチタイム20~30分、ビニール袋を被せて乾燥しないように注意して生地をお休みさせます。


c0016273_16265956.jpg


約30分後、少し膨らんだ生地。
そおっと手にとって、20cmくらいまで伸ばしまて輪の形に形成します。
片方の先端を少し潰して、もう片方を包むようにするとキレイに閉じられます。
ちなみにワタシはこの作業がすごく苦手です。いつもドキドキしてます(笑)

c0016273_16304621.jpg


輪っか状になった生地。
んふふ~。ベーグルらしくなってきた♪
この状態で2次発酵させる方法もあるようですが、待てないので茹でちゃいます。



c0016273_16385522.jpg


茹で上がった状態。忙しいので写真がぶれてます。臨場感を味わって下さい(笑)

+必ずオーブンを220℃に予熱してから茹で始めます。
+大きなお鍋(我家では中華鍋を使ってます)にお砂糖を大さじ1入れてぐらぐら沸騰させる。
+その中にそおっとベーグルを入れ、片面30秒くらいづつ茹でる。
+茹で上がったら、しっかり布巾などで水気を切って急いでオーブンへ入れます。
+オーブンを200℃に設定しなおし、20分から25分焼く。

こうして、出来上がったベーグルちゃんが一番上の写真の子です。


     中はこんな感じ

         ↓

c0016273_1649361.jpg



もっちり、ぎっしり上手に焼けました。

何にもつけなくっても美味しいって思うのは、親の欲目でしょうか(笑)
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-09-20 16:53 | 2008マデノ日々
中種からパンへ+準備→捏ね上がりまで

ワタシが一番良く作る配合。
ナッツなどとの相性も良いし、粉の味がしっかり味わえるのでシンプルなパンに向いています。

今回はプレーンベーグル3個と*クルフル* 大1個、中1個の生地をいっぺんに仕込みました。

プレーンベーグル  300g
*クルフル*大    400g
*クルフル*中    300g           
 合計           1kg


*材料*
地粉or強力粉  300g
全粒粉       200g
天然塩       7.5g
甜菜糖        10g (入れなくてもOK)
中種       200g
水    250cc~290cc
調整用の水   30ccくらい

ベーカーズパーセント
*粉の総重量 100%に対して*
塩          1.5%
糖分          2%
中種         40%
水       52~58%

*クルフル*(大)用
くるみ       55g弱(生地の13%くらい)
カランツ      60g弱(生地の15%くらい)

*クルフル*(小)用
くるみ       40g弱
レーズン     45g弱


c0016273_13205725.jpg


こんな感じにあらかじめ計量して準備する
(ちなみに、写真を撮るのでいつもよりきちんと並べてますよ。笑)

+くるみをフライパンで軽くローストして、適当に刻む
+カランツ・レーズンは水をさっと通して柔らかくしておく
+粉は泡だて器でガーっと混ぜて空気を含ませておく(または振るう、むしろ振るう)
+元種に水と甜菜糖を混ぜよくといておく

粉に水で溶いた元種を一気にいれてまとまるまで大きく混ぜる。水分が足りないようだったらこの段階で足したほうが良いみたいです。
あるていど生地がまとまったら、5分間ひたすら捏ねる。(捏ねる台が有る場合は台の上で捏ねる)
5分経ったら塩を入れ、10分間ひたすら捏ねる。

天然酵母のパンは力を入れすぎず、生地を優しく扱ったほうが良いみたいです。特に地粉の場合はグルテンの結合が弱いので丁寧に、丁寧に甘やかしてます。


c0016273_15202170.jpg


合計15分間捏ねた状態。
もっちりしていて赤ちゃんのほっぺみたいな感触。可愛い。

この生地を3等分に分割します。包丁などで潔く一気に切るのが大事です。
分割した生地を計って(目分量でもOK)布巾をかけて乾燥を防ぎます。
*クルフル*の生地に手早く、そしてくるみで生地を傷つけないように注意しながら優しく材料を混ぜます。
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-09-20 15:37 | 2008マデノ日々
*クルフル*
c0016273_17523214.jpg



久しぶりに満足のいく焼きあがり。

このパンは、オーガニックの天然酵母を使って初めてパンを焼いた時に命名しました。

「くるみとドライフルーツをたっぷり入れたパン」だから、*クルフル*

おうちで焼くパンがこんなにも美味しいんだぁ!!!!って、嬉しくて、楽しくて、ダンナ様と2人で大はしゃぎした、楽しい思い出のパン。


c0016273_182384.jpg


皮はパリッ、中はモッチリ。

美味しいパンは幸せをくれる。アリガトウ。
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-09-19 18:06 | 2008マデノ日々