イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



カテゴリ:時候( 63 )
できた
c0016273_1905874.jpg

今年もシュトレンできました。

シュトレンの仕込みが終わると、
ああ、1年が終わるなって思います。

たくさんのコトがあった2012年。
とっても長かった1年でした。

学ぶことが多かった。
少しは成長できたかしら?
残りわずかな2012年をかみしめて過ごしたいな…
[PR]
by soyamilkcafe | 2012-12-07 18:56 | 時候
ジングルベルが聞こえる頃
c0016273_1613481.jpg

毎年恒例のシュトレンの時期になりました。
初夏にドライフルーツのラム酒漬けを用意して、半年しっかり寝かせるのですが、今年は出産と重なって用意ができませんでした。
シュトレンは無理かなぁ…と思っていたら、昨年漬けた物がひと瓶出てきました。
なんとも嬉しい去年の私からのプレゼント。
数は少なくなりますが、今年もシュトレンを焼くコトができます。
15本のみご予約おうけしますので、ご希望の方はメールでお問い合わせ下さい。
〆切は12月5日(水)です。
[PR]
by soyamilkcafe | 2012-12-01 16:05 | 時候
あずき
c0016273_2243587.jpg

初秋に蒔いた小豆が収穫の時期をむかえました。
秋山農園さんが保管していた在来種の小豆は小粒で色が濃くぎゅとしている。

c0016273_2243644.jpg

青々している鞘と乾いて茶色くなった鞘がひとつの株に同居しているから、茶色くなった鞘だけを採ります。
時間差で収穫しなくてはならないので、小豆の収穫は手間がかかります。

c0016273_2243748.jpg

脱穀して乾燥させます。
さらに振るって殻や小さな小豆を選り分けて、最後に割れているもの、虫喰い、カビなどを手作業で選別します。

おはぎになっていたら一瞬で食べてなくなるあんこ。
買った小豆であんこを炊いたって、たいした手間もありません。
だけど小豆を蒔くことから始めるあんこ作りは手間も暇も時間もかかります。
だけど私にとってどんな風にできるのかを知ることはとても大切で喜ばしいこと。

来月からはこの小豆を使ってあんぱんが作れるかな、と思います。

豆や米や芋が家にたくさんあること。
豊かだなって心から思います。
[PR]
by soyamilkcafe | 2012-11-01 22:18 | 時候
あき
c0016273_20452484.jpg

栗を拾いました。
秋山農園さんの小高い畑の大きな栗の木。
たわわに実るイガがに枝は重たそうにしなだれていました。
もうすっかり秋ですね。
朝晩の肌寒い空気がセンチメンタルな気持ちを運んできます。

できる範囲での畑のお手伝いさせて頂いてます。
外の空気、土に触れてとてもリフレッシュできる大切な時間なのです。

c0016273_20452588.jpg


c0016273_20452531.jpg


c0016273_20452626.jpg


季節の移ろいを感じつつ、美しい農作物たちを愛でる喜び。
そんな感情を教えていただけたことがとても嬉しいです。
[PR]
by soyamilkcafe | 2012-10-02 20:25 | 時候
中秋におもう
c0016273_4433045.jpg

はやいもので今日で9月もおしまい。
そして中秋。
だけど台風が近づいているので、お月見はお預け。
ものすごい暴風が吹き荒れています。
気圧もぐっと低いし、満月ん影響もあって人も犬もどことなく落ち着きがありません。どうか無事にすぎてゆきますように。。。

見えないけれどもお月見、頭上にでんといらっしゃる。
頭の中からたくさんの想いが湧き出て溢れそう。でもまとまることなく、ただただ膨らんでいる。

「生まれてからは大変だよ」

そんな風にたくさんの先輩ママから言われたことを思い出す。
大きく変わる、それはとても大切だと感じた。
育児は時間の流れも、体の仕組みも、本当に大きく変わる。
ただこうして息子の寝ている間にひとりで膨らんでいる頭の中は、産前とたいして変わっていないようで、溢れる、たくさんのイマジネーション。
やりたいコトもいっぱいで、欲張りだなって、相変わらず。
まだまだ具現化できないけれど、そっと奥の扉の中に閉まっておこう。
いつかきっと。
ダレかのお役に立てるようになりますようにと鍵をかけて。

今はワタシの元に降りてきてくれた命を大切に大切に育みたい。
でも親になったという感覚は全くなくて、とにかくこの小さな命を守りたいという気持ちばかり。
味わったコトのない感情、愛おしく、ただ愛おしくおもう。
そして、毎日毎日、感謝と感動をありがとう。
[PR]
by soyamilkcafe | 2012-09-30 22:47 | 時候
あつささむさも
c0016273_120131.jpg

朝晩はすっかり秋めいて、肌寒さがセンチメンタルを運んできます。
なんだか最近は少しめそめそ。。。。
思うようにいかないことも多くて、投げやりになったり。
気をつけます。

息がつまってるな。。。。
そんな風に感じていたこのごろ。
久しぶりに畑へ出て、肉体労働をしました。
ゴマの葉っぱをとって、収穫するお手伝い。
夢中になって作業をしていたら、すぅっと楽になりました。

やっぱり土に触れるのは、ワタシにとってとても大事なこと。
地球とつながる大事な時間。

良い息抜きになりました。

歩けるようになったら息子もどんどん畑の中を歩かせたい。

もちろん放射能の心配はあります。

それでもやっぱり、土には触れて欲しい。
対策をちゃんとして、田畑へ連れてゆこうと思います。
[PR]
by soyamilkcafe | 2012-09-25 11:58 | 時候
萌ゆる
c0016273_2195721.jpg


c0016273_2195755.jpg


c0016273_2195847.jpg


c0016273_2195865.jpg


c0016273_2195843.jpg


待ち焦がれた桜。
今年はイロイロな花が一気に咲いて、美しい春の色を見せてくれました。
スッとした空気の中で、春の息吹に触れて気持ちがとても穏やかになりました。
[PR]
by soyamilkcafe | 2012-04-12 21:04 | 時候
みそ
c0016273_12123626.jpg

恒例の秋山農園味噌作りに行ってきました。
今年は本当に大豆のできが素晴らしくて、きっと美味しい美味しい味噌になるでしょう。。。

c0016273_12123884.jpg

大釜で茹でた大豆はとっても甘くて、そのゆで汁も甘くて美味しいです。
家庭ではなかなかできない経験に参加したみなさん大喜びでした。


c0016273_12124264.jpg

茹でた大豆はミンチにします。
けっこうな力仕事で、交代しながら温かいうちに潰してゆきます。
この大豆のペーストが栗のようにホクホクでとても美味しいです。ついついつまみ食いが進みます。

c0016273_12124821.jpg

潰した大豆は大きな木桶に入れて適温まで冷まします。
その後、塩と混ぜてさらに麹を加えて馴染むまで根気よく混ぜます。
みんなで木桶を囲みながら、おしゃべりして楽しい時間です。

この後、丸めて甕に投げ入れ(これが難しい!)発酵させてゆきます。
たくさんの微生物と時間が美味しくしてくれます。
[PR]
by soyamilkcafe | 2012-01-28 11:40 | 時候
2012
c0016273_1920159.jpg

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

とても静かな元日を過ごしています。
ゆっくり目覚めて、御節とお雑煮でお昼ごはん。
ネムラクと裏の河原でお散歩をして、近くの温泉で初風呂。
体をキレイにしてから神社へ初詣に行ってこれからお夕飯です。

夜は読書でもしようと思っています。

静かな静かなスタート。
今年はそんな1年になりますように。。。
[PR]
by soyamilkcafe | 2012-01-01 19:12 | 時候
2011
c0016273_22362914.jpg

2011年も残り数時間。
本当にいろいろなコトがあった1年。
長いような、短いような1年でした。

311の大震災。
今でも何一つ収束していないまま新しい年が明けようとしている。
ワタシの住む群馬県は、目に見えない放射線にずいぶんと汚染されてしまいました。
美しい山々、豊かな森、美味しい水。
自然と近いすばらしい土地、群馬県。
これから最低30年は続くであろうセシウムへの不安。
お店や教室のあり方を悩み、来春で終わりにしようかと本気で思っていました。
そんな中での妊娠。。。。
群馬を離れるべきか、どうか。
夫と二人で一生懸命考えました。


ワタシ達の答えは、今できるコトをここ群馬県でしっかりやってゆこう。
そのためにも放射線に対する知識を深める、そして考えられるリスクを防ぎ健康で普通に暮らせる努力をしよう。
そして声をあげて全体の幸せを考えて良くないコトは良くない。危ないものは危ないとしっかり発信してゆこうと決めました。

それでもやはりあまりにも状況が変わらず、悪くなる一方だったら、群馬から離れるコトも視野に入れてゆこうと思っています。

だからこそ、頑張って大好きな群馬でこれからも生きてゆこうと思います!


いつものお蕎麦屋さんで今年も年越し蕎麦が食べられました。
そんな当たり前で些細なコトが本当に幸せです。


今年も本当にありがとうございました。

2012年は新しい命と共により自分らしく、生きてゆこうと思います。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by soyamilkcafe | 2011-12-31 21:53 | 時候