イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



ima・・・・・  vol.1
お返事が遅れております。スイマセン!!!
「みんなの居間」を知ることが出来て嬉しいです♪
あらためてキチンとお返事書きますので、少しお待ちくださいね。
                        2007/09/03 soyamilkcafe

ワタシは、どちらかというと貧しい家庭に育った。

c0016273_1731163.jpg


でも今年も美味しいマンゴーが食べられた。
アリガトウ、アリガトウ。




6畳の居間。
居間には家族のモノが溢れていた。
取り込んだばかりの洗濯物。お父さんのお弁当袋。ワタシのバック。ママのバック。
床の間にはタンス、テレビ、神棚。
サイドボードには頂き物のワインやブランデー、そしてグラス。
こたつの上には小さな籠。
そこには菓子パンやチョコ、季節の果物が入っている。
あと小さなお盆があって、綿棒(なんでだ?)アンメルツヨコヨコ・老眼鏡・メモ帳が無造作に、だけど整理されておいてある。

あわただしい朝なのに両親はごはん。ワタシはパン。
8枚切りの食パンにバター(マーガリンではダメ)と砂糖。半分に切ったグレープフルーツ。
コレがワタシの朝ごはんだった。(今思うとワガママな子だなぁ・・・・。ゴハン食べなさい)

晩ごはんは両親の晩酌に付き合いながら。
お父さんの仕事帰りが早いから、晩ごはんは6時からだった。
他愛も無い話しをしながら2時間くらい食べていた気がする。

ごはんを食べたら、狭いテーブルの上で絵を書いたり、宿題したり(たまに。笑)
そのままテレビをみたりして、11時の就寝時間までを居間で過ごす。


小さな小さな居間には、ワタシのルーツがつまっている。


今でも実家に帰ると、その狭い居間でごはんを食べ、テレビを見て、帰るまでの時間を過ごす。

子供の頃は椅子の生活(ダイニングテーブルがあってリビングがある家)に憧れていたけど、
大人になった今は、そんな居間で過ごす時間がとても愛おしく、大切で、ありがたい。
ぎゅっと詰まった空間に、家族と過ごした思い出が全部濃縮されているのです。
おっきい家じゃなかなか出来ないでしょ。笑(住んだことがないので憶測ですが。汗)

狭い空間に母の工夫があり、家族の距離感があり、思いやりがある。
なんとも表現しがたい空気がそこにはある。

だからワタシは居間が大好き。
ゆくゆくはワタシもずっとソコに居たくなっちゃうような心地よい、ぎゅっと詰まった「居間」を作りたいなぁ・・・・・・って思います。
[PR]
by soyamilkcafe | 2007-08-28 18:21 | 2008マデノ日々
<< 柏崎刈羽原発 ima >>