イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



みどりときいろ、しろとくろ
みどりときいろ
c0016273_158643.jpg

菜の花のコントラストってカワイイ。
「春ですよ~」って言ってるみたい。
伸び伸びした若いエネルギーがいっぱい。
見ていると元気になるような気がする。

c0016273_15185467.jpg

つくし
タンポポの根
ヨモギ

春の河川敷には新しい命がたくさんある。
色んなところでひょっこり顔を出しているつくし。
アスファルトにも負けず力強く根を張るタンポポ。
地面に這うように茂るヨモギ。

命をいただき、命につなげる。

自然の中にはそんな命のサイクルが当たり前のように連鎖している。





c0016273_15491019.jpg

c0016273_17333997.jpg

c0016273_17344045.jpg

東毛酪農主催の利根川河川敷からし菜とりへ行ってきました@3/25日曜日

以前も東毛酪農について書いたことがあるのですが、こちらでは無農薬のエサで育てた牛さんの牛乳を提供してくれます。
その牛さんのエサとなる草を採草している河川敷の環境保全と生産者と消費者との交流のために毎年行われているイベントです。
群馬県以外からの参加者も多く、東京からバスで参加してくるグループもいました。
みんな東毛酪農のファンなのですね。

c0016273_15121963.jpg

「からし菜」は放っておくと河川敷でどんどん増えるようです。
見た目には綺麗かもしれませんが、それらはやがてカブを持ちそして腐り、そこにミミズが集まります。今度はそのミミズを求めてモグラ達が集まり、結果的に河川敷の地盤を緩くしてしまうのだそうです。
河川敷の地盤が緩めば川の増水などの問題も出てきます。
除草剤で枯らしてしまえば、今度は生態系が崩れます。さらに土に溶けだした除草剤は川へ・・・・・
利根川の水は私達の生活水です。(浄水しているので大丈夫とは思いますが、除草剤を使うことへ嫌悪感をおぼえます)

c0016273_17415191.jpg

作業のあとは、みんなでお昼ご飯を。
今日のお弁当は
豆腐のテリヤキハンバーグ丼
ブロッコリー
蓮根ソテー
小豆南瓜
でした。
あとは頂いた牛乳・BBQ(牛肉・玉葱・キャベツ)・お漬物です。
牛(乳牛)を見ながら牛肉を食べるという貴重な体験でした。

命に感謝。アリガトウ。

c0016273_17421817.jpg

農家の方が作ったと思われる「どぶろく」
アルコール度数の高い甘酒でした。
とにかく美味しい。お米の甘味、ツブツブ感、思いっきり好みです(笑)
生産者曰く「度数は20度以上あるんじゃね~んかぁ」とのこと。

そして嬉しいサプライズがありました。
生産者の方からキャベツ、ネギ、かき菜のプレゼントです。
タダと聞いて目がランランな意地汚いワタシ(笑)は、ネギ30本くらい、キャベツ4玉、かき菜新聞紙にいっぱい貰ってきました。

天気が悪かったので参加者が予定より少なかったおかげで(笑)用意した牛乳もたくさん残っていました。
キラ~ンと目を光らせておばさんに混じりながら牛乳5本コーヒー牛乳5本ゲット!!

いや~ほんと、人間の生な部分が丸出しでいいイベントでした(笑)

c0016273_17305911.jpg

しろとくろはこの子たちのことでした。
「も~
人間は欲張りだな~。」
と思っているでしょうね、きっと(笑)

お乳、分けてくれてアリガトウね!


++++++++++++++


泥んこになりながらの作業は体に心地よい疲労感を与え、心に爽快感を与えてくれた。

そして久しぶりに泥のように眠った。

ん~リフレッシュ!!!
[PR]
by soyamilkcafe | 2007-03-27 17:56 | 2008マデノ日々
<< 相変わらずパンを焼いてます。 おつかれさま会 >>