イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



寺田本家へ行ってきました@10/9
c0016273_1157855.jpg


大好きな酒蔵の寺田本家さんへ不思議なご縁に導かれ『醍醐のしずく仕込み体験』に参加することができました。


c0016273_16124541.jpg


仕込みに使う道具たち。新しいもの、古いものみんなキレイに生理整頓され使いやすく改良されてました。菌が死んでしまうので道具は洗剤で洗わないそうです。なるほろ!


c0016273_16135739.jpg


「ハト印」の厚底長ぐつ。可愛らしいので思わずパチリ。


c0016273_1616697.jpg


軒先で干されていた雑穀。「あわ」かな?ぷつぷつしていてカワイイ♪


c0016273_16185455.jpg


お庭に用意された宴会場。
仕込み体験終了後、みんなでお酒を飲みながら娘さんお手製のマクロ&酒粕料理に舌鼓!
こちらも不思議なご縁の千葉県の在来種「小糸大豆」の枝豆を頂きました。甘くておいしい!


c0016273_16132648.jpg


アフリカンダンスのダンサーさんとパーカショニスト。大地の踊り、魂の踊りに一同ノックアウト!!そしてダンナ様も急遽参加でジャンベを叩きます(ヒゲの人)


ほろ酔いでの交流会ではたくさんの方と様々なお話しができました。
環境と食の関係について真剣に考え取り組み前向きに明るい毎日を過ごすステキな方々ばかりでした。ダンナ様が自己紹介でふと話した六ヶ所村の問題にも真剣に耳を傾けてくれました。そしてダンナ様もSTOP-ROKKASHO無知の知(6MCs REVAMP)の自分のパートをアカペラでラップしていました(1度とちってましたが。笑)
寺田本家で働いている方が民謡を披露してくださったり(体の芯を揺さぶるようなスバラシイ歌声でした)、UFOのお話しや地球のカルマのお話しがあったりと、和やかで暖かな時間が流れました。

この日お会いできた全ての皆様に全ての出来事に感謝します。アリガトウございました。

合掌





え~、千葉遠かったです(泣)4時間くらいかかりました。
しかも京成スカイライナーを目の前で乗り過ごすというハプニングに見舞われ、1時間半の遅刻で参加させていただきました。なので参加したところからのレポートになっております。

ご、ゴメンナサイ。

c0016273_1218191.jpg


ヨ~イドン!
の合図でジャスト1分お米を洗います。

マクロな方が多かったので皆さん拝み洗いしてますね~。

c0016273_12192118.jpg


水を替えてもう一回。
わっせ、わっせ。








c0016273_13243515.jpg
c0016273_13564382.jpg

洗いあがったお米を大きなサラシを敷いた入れ物に投入します。

コレが重たくてタイヘン!!






サラシに入れたお米は巨大な蒸し器で1時間半蒸します。

c0016273_1352841.jpg


午前の作業はここでおしまい。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


お昼は各自持参したお弁当と寺田屋さんが用意してくださったお味噌汁(根菜たっぷりで激うま)を頂きました。初対面の方が多かったのですが和気藹々と楽しくお昼ご飯を食べました。
お裾分けで頂いたナチュラルハーモニーのプルーンがとっても美味しかったです♪

そして食後の腹ごなしに裏山の神崎神社へお散歩にいきました。

「この神社があるからこそキレイな井戸水をいただける」と寺田さんがおしゃっていたとおり、自然がたくさん残るいきいきとした森の中の神社です。
神社へ続く道端には枯葉が落ち、適度な湿気と心地良い木漏れ日が降り注いでいました。

c0016273_1495766.jpg


巨大なクスの木通称「なんじゃもんじゃの木」

何百年もの間、この地を見守ってきたであろう大木に息をのみます。
火災で焼けてしまった幹からあらたな命が芽生えていました。表皮はおじいちゃんの皮膚のようにシワシワで、やわらかく、優しい手触りでした。




森林&神社&ご飯でパワーをチャージし、午後の作業開始。

c0016273_14534613.jpg
c0016273_1454124.jpg












蒸しあがったお米を、麻布を敷いた台の上にあけます。
重たいし、熱いしかなりの重労働。
米屋でバイト経験の有るダンナ様、ここぞとばかりにわっせ、わっせと運びます(笑)



c0016273_1591861.jpg


熱々のお米を手でほぐして、麹に適した温度まで冷まします。
「いろんな人の手が入ることで、いろんな菌が入って美味しくなるんですよ」と蔵元。
食いしん坊のワタシ、お米をつまみ食いしてみました。甘くて美味しかったぁ♪

さらにこの作業で手がツルツルになりました。確かに働いている方の手はつやつやのツルツル。
男性の手とは思えないほど美しかったです。お米パワー恐るべし!!


c0016273_15343229.jpg冷めたお米を貯蔵タンクに入れます。
タンクにはすでに麹とご飯を混ぜたもの(到着前に作っていたようです)と混ぜたものが入っています。蒸したお米と酵母水(あっているかわかりません)麹とご飯を混ぜたものではさむようにして保存するようです・・・・・・。

c0016273_15595942.jpg








ここで一連の仕込み体験は終了しました。

・・・・・・・スイマセン。ほとんどうろ覚えです(汗)



今回感じたことは寺田本家さんのお酒がとことん安全で、とことん手作業で、とことん愛情を注いだお酒で有るということ。そして宇宙の原理に基づいているということです。

菌に対する寺田さんの愛情も素晴しかったです。とても楽しくとても心地よい時間を過ごしました。


長々とまとまらない文章にお付き合いいただきありがとうございました。
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-10-10 16:50 | 2008マデノ日々
<< 新米が届きました@10/8 中秋の名月 >>