イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



中種からパンへ*クルフル*編9/25追記
c0016273_14135498.jpg


全粒粉がたっぷり入った生地で*クルフル*をつくると、素朴な粉の味ををくるみの油分がやさしくコーティングしてくれる。そしてドライフルーツの甘みがとっても良いアクセントになる。

「しあわせな味」

そんな表現がピッタリな、素朴だけど贅沢ななパン。

さてさて今回はベーグルも一緒に仕込んだので、いっぺんに焼くことが出来ませんでした。
少し生地が重くなってしまうけど、寝る時間がなくなってしまうので、1次発酵前の生地を冷蔵庫で保存して翌日に焼きました。



c0016273_16215543.jpg


冷蔵庫から取り出したばかりの状態です。
冷え冷えしているので、1次発酵を普段より約30分長くします。時間よりも大きさを目安にして、約1.5倍から2倍くらいになるまで放置します。


c0016273_16261048.jpg


1次発酵が終わったら丸めなおして、ベンチタイムを30分とります。
その後、ざる豆腐のざるに(型があれば型を使ってください)布巾を被せ、粉をふって、生地の綴じ目を上にして、ざるごとビニール袋で覆って2次発酵。
室温が25℃~28℃くらいなら約2時間です。


c0016273_1630489.jpg


1回りくらい大きくなった状態で2次発酵終了。
クッキングシートを敷いた鉄板に綴じ目を下にして乗せ、形を整えてクープを入れる。
あらかじめ250℃に温めたオーブンの中段に入れ、220℃に設定しなおして30分焼き、下段に移して5分から10分焼きます。
底に焼き色が付いて、叩くとコンコンっと乾いた音がしていたら中まで火が通っているので証拠です♪

*焼きのポイント*

・オーブンは最高温度まで温めておく
・余熱時開始の時から陶器で出来た器に水を入れて庫内に水分を保たせる、器は下段に移し変えるときに取除く。
・オーブンの蓋の開閉はすばやく!!


c0016273_16412090.jpg


切り口はこんな感じです。
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-09-25 16:42 | 2008マデノ日々
<< スマイル晩ごはん お願い事の時間です! >>