イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



中種からパンへ+ベーグル編+
c0016273_15554982.jpg


粉の味と歯ごたえを楽しむならベーグルが一番。
茹でてから焼くから体への負担も少ないし、なんといっても2次発酵をしないから楽チン。
前の晩に仕込んで翌朝焼きたてのパンを食べるもステキ。
午前中に仕込んでお夕飯にパンを焼くのも楽しい。
上手に時間を使いながら、ゆっくり発酵を楽しむのも天然酵母パンの良いところ♪

さてと、捏ねあがった生地から手のひらサイズの可愛いベーグルが出来るまでのドラマ(大袈裟に言ってみました)を記しますね。


c0016273_15411172.jpg


捏ね上げ直後の生地。
捏ねあがった生地は表面に張りを持たせるように丸めて、ボウルごと大きなビニール袋を被せ、1次発酵させます。22~28℃の室温で約2時間。冬場は半日放置しておいても大丈夫。



c0016273_1661651.jpg


約2時間後の1.5~2倍に膨らんだ生地。
酵母ちゃんの甘酸っぱい少しワインのようなコクの有る香り。
一生懸命膨らんでくれた生地を丁寧にボウルからとりだして3分割し、棒状に伸ばしてベンチタイム20~30分、ビニール袋を被せて乾燥しないように注意して生地をお休みさせます。


c0016273_16265956.jpg


約30分後、少し膨らんだ生地。
そおっと手にとって、20cmくらいまで伸ばしまて輪の形に形成します。
片方の先端を少し潰して、もう片方を包むようにするとキレイに閉じられます。
ちなみにワタシはこの作業がすごく苦手です。いつもドキドキしてます(笑)

c0016273_16304621.jpg


輪っか状になった生地。
んふふ~。ベーグルらしくなってきた♪
この状態で2次発酵させる方法もあるようですが、待てないので茹でちゃいます。



c0016273_16385522.jpg


茹で上がった状態。忙しいので写真がぶれてます。臨場感を味わって下さい(笑)

+必ずオーブンを220℃に予熱してから茹で始めます。
+大きなお鍋(我家では中華鍋を使ってます)にお砂糖を大さじ1入れてぐらぐら沸騰させる。
+その中にそおっとベーグルを入れ、片面30秒くらいづつ茹でる。
+茹で上がったら、しっかり布巾などで水気を切って急いでオーブンへ入れます。
+オーブンを200℃に設定しなおし、20分から25分焼く。

こうして、出来上がったベーグルちゃんが一番上の写真の子です。


     中はこんな感じ

         ↓

c0016273_1649361.jpg



もっちり、ぎっしり上手に焼けました。

何にもつけなくっても美味しいって思うのは、親の欲目でしょうか(笑)
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-09-20 16:53 | 2008マデノ日々
<< ダンナ様と笑顔 中種からパンへ+準備→捏ね上がりまで >>