イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



酵母液から中種へ
*材料(1日目)*
全粒粉 50g
酵母液 50cc
適当な大きさの蓋の付いた入れ物


c0016273_12123963.jpg


粉と酵母液をやさしく混ぜると、お味噌がちょっと硬くなったような状態になる。
そしたら表面をキレイにならして、2~3倍に成長するまで常温で13~14時間お休みしてもらう。時間が経過すると生地がダレダレ~~な状態になっている。

「寝る子は育つんだよ」と声をかけると、
「ぷつぷつ」と返事をしてくれる。
とても愛おしい。

*やったこと*
優しく混ぜ混ぜ。そして愛でる。



c0016273_12183898.jpg


約13時間経過。元気にもこもこふくらんできた!!
空気をいっぱい抱き込んでグルテンが手をつないでいるみたい。

「それじゃ、また明日ね」と声をかけて蓋をする。
淋しいけど少しのあいだお別れ。
冷蔵庫でゆっくりお休みしてもらう。


*やったこと*
様子を伺い、愛でる。
「褒めて伸ばそう子の躾」精神です(笑)



*材料(2日目)*
全粒粉 50g
酵母液 50cc(酵母が元気だったら浄水でもOK)
前日の中種

c0016273_1249658.jpg

お休みしていた中種@1日目を冷蔵庫から出し、常温で1~2時間起きる放置。
(このころになると付かず離れず、熟年夫婦のような関係になってきます)
放置後、粉と酵母液(または水)を加えて優しく混ぜる。
また2~3倍に成長するまで常温13~14時間お休みさせて、成長後は冷蔵庫で1晩お休みしてもらう。

*やったとこ*
放置、まぜまぜ、適度な距離感、でも愛は忘れずに。



3日目も、2日目と同じようにしてあげるます。3日間で、安定した中種へ成長してくれます。

そして3日目が終了して、いよいよパンへの旅立ちです。





仕事から帰ってきて酵母を冷蔵庫から取り出して、お夕飯の支度が終わったら粉と酵母液を混ぜて翌朝まで放置する。そして出勤前に冷蔵庫へ入れる。

中種つくりをする時はいつもこうしている。このサイクルだと生活の支障にならない。ワタシにとって、生活の一部に組み込むことが大切で必要なのだと感じています。
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-09-18 13:03 | 2008マデノ日々
<< ブランチ&スイーツ@9/16 グリーンレーズンが酵母液になるまで >>