イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



ただ、座る。
c0016273_1152256.jpg5/4・5 埼玉県にある正覚寺という禅寺へ行きました。

只管
只管
只管

何事も「只管」に行うこと。
それは、大切に今を過ごすこと。
ワタシは多くの人やモノによって生かされている。
1人では生きていけない。
アリガトウ。
みんなにアリガトウ。



日記はここから、少し長いです。

*1日目*

17時  坐禅を開始。

約45分、ただ座るのです。
何も考えないようにすればするほどとめどなく湧き出る雑念。
気が遠くなり意識が薄れる感覚。
足の痺れと背中の痛みとの戦い。
永遠かと思うほど長く感じる45分間。

座禅が終わると、ご住職の法話。
わかりやすく禅の教え、考え方、生活への取り入れ方を教えてくださいました。

19時  薬石(夕食)

五観の偈を唱え、食事をはじめます。

*menu
車麩のカツ
胡麻豆腐
黒豆と南瓜の煮物
香の物
ご飯
けんちん汁
大小6つの椀に1汁3菜のボリューム満点な精進料理でした。丁寧に作られたお料理は滋味溢れる優しいお味です。食事中は私語禁止なので食物と自分とで向き合うことができました。

食事が終わると、椀にお湯を注ぎ、1片残した沢庵で全ての椀をキレイに拭き、残り湯は飲み干します。ちなみに、雲水(修行僧)は、この椀は水洗いなどせず翌日も使用するそうです。

20時  開浴(お風呂)

広い湯船にゆったり浸かり、1日の汚れを落としました。

21時  開枕(就寝)

カメムシと戦いながら、しかし殺生せず、恐る恐る眠りに就きました。

c0016273_1531136.jpg

*2日目*

5時  起床

ダンナ様はいつにも増して早起き。ワタシは寒くてお布団たんからナカナカ出れませんでした(笑)窓を開けて山の清々しい空気を胸いっぱいに吸い込みます。

6時  お勤め

ご住職のお経に続き、「摩訶般若波羅蜜多心経」を読みます。途中でダンナ様の携帯アラームが鳴って大慌て!!携帯って電源を切っていてもアラームって鳴るのね、ビックリ(汗)
その後、祈祷もしてくださいました。祈祷場には天狗が祀られてました。

6時40分  坐禅

昨日と比べると時間が凄く短く感じました。
時間の経過ってほんと、自分次第なんだと思いました。
その後、ご住職の法話を聞きました。参加者(5名)みんなで笑い話を交えて楽しくお話ししました。

8時  作務(お掃除)

本堂・お風呂・おトイレ・宿坊をくまなくお掃除します。

8時30分  小食(朝食)

昨日と同じ椀(あ、洗ってありますよw)にお粥を中心とした優しい朝ごはんが並びます。
*menu
こごみの佃煮・フキの煮物
高野豆腐のあんかけ・大根のサラダ
果物
お漬物
お粥
山の恵みたっぷりの献立でした。高野豆腐のあんかけはふきのとうの香りがなんとも贅沢な逸品でした!

9時  写経

約1時間半かけて般若心教を写します。ただ坐禅に比べると時間がぐっと早く感じられる。
「何か」を「している」という感覚が強いからだと思う。
集中力が切れた瞬間に字が歪み、姿勢が歪む。
上手く書こう、カッコ良く書こうと思うと、何だか不恰好になる。
心をまる映しでした。

11時  下山

お世話になったお寺とご住職に別れを告げて、記念撮影(笑)をしました。
本当にありがとうございました。

長かったような短かったような、とても貴重な2日間を過ごしました。



*おまけ*

c0016273_163587.jpg
アラームの汚名を挽回するかのように、一所懸命お掃除をするダンナ様(笑)→
[PR]
by soyamilkcafe | 2006-05-09 15:29 | 2008マデノ日々
<< 大好きなお菓子*Thatレシピ... コレで1000円!! >>