イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



2
c0016273_2193336.jpg

ミーくん、お誕生日おめでとう。
本当に産まれてきてくれてありがとう。そして私に新しい世界を教えてくれてありがとう。

思うような出産ができなかったことを悔しくて辛かった日々。
やっとね、今なら言えるよ。
どんな風に産まれたかじゃないって。

ありがとう。


こんな笑顔でバースデイケーキを喜んでくれてるのですが、この後、このケーキを酔った母が2口食べさせたことで夫と口論に。。。
楽しい空気は一気にシラけ、息子は泣き出す始末。
険悪なまま寝室へ行って、もやもやしながらこのブログを書いています。

マクロビオティックは法則であってルールではないということ。
この2口で息子の人生が変わってしまうのなら、それは私たちが招いていることでケーキが原因でわないと思う。
私は、そもそもマクロビオティック云々よりも、この喜びの空気をみんなで共有することが大切だという判断でした。
ケーキは叔母が息子のために注文して用意してくれたもの。

愛され、成長をみんなで祝うこと、それに喜びを感じて、心が育ってゆくのだと信じたい。

白砂糖と乳製品の害は確かに大きいけれど、ですが。。。。


私たち親がケーキも肉も魚も付き合いも含めて全く摂取しなくなれば、多分、息子にケーキや肉も魚も与える人はいなくなると思います。

結局、お付き合いは大事とか、理由をつけてはマクロビオティックで避けた方が良い食材を頂く機会が多いので、子は親の鏡なんだと。。。

象徴的な出来事だと思いました。
[PR]
by soyamilkcafe | 2014-05-11 21:08
<< だれかのためにできること 春分 >>