イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



かぜ
c0016273_11273170.jpg

ふだんとっても元気な息子は、かぜをひいてもそこそこ元気です。

ただ自営業ゆえに少々のかぜなら息子を背負ってお仕事をします。
背中でいつもより少し高い体温を感じて、時折咳き込むとお尻をトントンと叩いて。

「大丈夫、大丈夫」

息子にそう語りかけながら、本当は自分に言っているのだと思う。

はじめての子どものわりに、すでに2人目のような扱いで、ずいぶんと肝が据わっているかのように見えるけど、内心は不安で不安で押しつぶしされそうです。
全てはじめて経験すること、咳の具合、熱の出方、機嫌の悪さ…
何がどうなのかさっぱりわからないことばかり。
そこを拙い知識と勘で乗り越えています。

全てを投げ出して息子を抱きしめてあげたい。
ほんとはね、そう思う時もあるのです。

でも、でも。

息子の治癒力を信じて。
できるだけのお手当をして、なるべく薬に頼らないように。
治そうという力を大切にしたい。

それでも不安な時は、信頼できるお医者さまで胸の音、喉、耳など様子をみてもらって、「大丈夫、この程度なら」と言葉のお薬をいただく。
そして鍼灸の先生に気を流して頂き、元の気に戻るお手伝いをしていただく。

すぐ治るわけではないけど、菌やウイルスと一緒に過ごして免疫をもらい身体を強くたくましくしてもらう。

咳や鼻水のように身体にとって不要なものを外に出す行為をく薬で抑えるのはやっぱりちょっとどうかなと思います。

そうやって少しづ息子と一緒に強くなってゆこう。

そう思います。
[PR]
by soyamilkcafe | 2013-03-21 10:37 | みのり
<< おおきくかわる 無題 >>