イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



おむつのこと
c0016273_1395022.jpg


ぜったいに布おむつ。

産まれるまではそう思っていました。

でも現実には紙おむつも併用しています。
お出かけと夜は紙おむつ。
日中は布おむつ。
そんな風に使い分けています。

乳腺炎になった時に、理想を追って無理している自分に気がつきました。
出産が理想とかけ離れてしまったので、せめて育児は。。。。。と気負っていました。

実際は慣れないことの連続で自分が思うよりも体力も回復していなくて結果、乳腺炎に。。。。
気がついた時には39℃の高熱で何もできない。
実をだっこすることさえままならなのでした。

そんなことでは本末転倒なので、少し手を抜けるところは手を抜こうということにしました。

布おむつを使いたい理由は
・ゴミの削減
・節約
・経皮毒の回避
の3つです。

先日ドラッグストアで買い物をして、トイレットペーパー、ティッシュ、おむつ、ペットのトイレシートと紙製品を大量に購入したことに、やはり罪悪感がいっぱいになってしまいました。
さらに仕事ができない今のワタシには節約もとても大事です。
紙おむつが1枚15〜8円。これを1日に何枚も消費することは家計に大きく影響します。
そのぶん、おいしい食材を購入して質のいいオッパイを出したいと思うのが本音です。
そして経皮毒のこと。
ワタシは布ナプキンに変えてから、生理がとても軽くなりました。
ナプキンかぶれもしないし、使っていて気持ちが良かったです。
なので自分の子どもも肌に直接触れるおむつは布がいいとずっと思っていました。
紙おむつに含まれる化学物質が、一番デリケートな部分に長時間触れているということに違和感を感じるのです。

。。。。とはいえ、今の技術はすばらしくて、紙おむつもすばらしいです。
そして何よりも楽です。
だから上手に使い分けようと思うのです。

おむつを取ってあげると、とっても気持ち良さそうに足をばたばたさせています。
おむつ無し育児というのもあるそうなので、半年ぐらいしたらおむつ無しも挑戦してみたいと思います。
[PR]
by soyamilkcafe | 2012-07-20 13:26 | みのり
<< ばんざーい いまできること >>