イ マ ノ イ マ





自家製酵母パンとやさしいおやつを作ったり、食べたり、教えたり。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


homepage

市民測定所
クラシル
□クリック□



お教室の日程
□クリック□



販売日程
□クリック□



間引きのすすめ
c0016273_23143070.jpg

彼岸花が咲く頃に蒔いた種がめきめきと育っていました。
写真は左からラディッシュ、ルッコラ、水菜。
他にもRASAの畑には現在「ほうれん草、青梗菜、小松菜、大根3種、かぶ、白菜、にんじん、ブロッコリー、キャベツ」が植わっています。
今日は間引きのお手伝い。
ほうれん草と小松菜と一緒に生えている雑草を鎌でかりつつ、間引いてゆきます。
気の遠くなる作業ですが、間引きも草むしりもとても気持ちが落ち着くので好きです。
京都へ座禅に言った時に妙心寺のお坊さんに「草むしりは煩悩を摘むのですよ」なんて聞いたのを思い出しました。
最近少し欲張りになっていた自分の気持ちと向き合う良い時間になりました。

間引きの楽しみはなんと言っても間引き菜。
柔らかくて味の穏やかな若い葉っぱたちは、どんな風に食べてもオイシイです。
とりあえず大好物の小松菜を畑でバリバリ食べました。
どんなごちそうにも代え難い贅沢なお味です。

c0016273_23274845.jpg

お待ちかねのお昼ゴハンは。
RASAFARMご主人のお手製です。ご本人は食養中のため肉、魚、卵、乳製品、精製された食品の一切を召し上がらないのですが、お手伝いの人のために今日はサバの味噌煮、卵焼きの入ったお弁当を作ってくれました。
穂紫蘇の佃煮やショウガの味噌漬けなど、ゴハンのお供がうれしいお弁当でした。


c0016273_23332236.jpg

帰りに、畑の端にたくさん咲いている紫の小さなお花と「あかまんま」を摘んで小さな花束にしました。
そんなことをしていたら奥さんがこの花なんだかわかる?と声をかけてきました。
c0016273_2335191.jpg

昼顔のような形の小さな白い花。
見た事の無い花だけど、葉っぱの形状は見覚えがあるなぁ。。。。







正解は大好物の「空芯菜」でした。
そのままにしておくと可愛い花をつけるのですね。

間引きは野菜を作る上でとても大切な作業。
はじめはもったないような気がしていたのだけど、そのままぎゅうぎゅうの状態で育てていたら共倒れになってしまうので、しっかり間引いて美味しくいただいて、また収穫を待つというのがベストだと知りました。
まだまだ畑のことはわからない事だらけだけど、年に1度しかない経験の時間を大切にしてゆきたいと思います。
まだまだ作業はたっくさんあります。
お手伝いも募集しているので、興味の有る方はお気軽にお尋ねくださいね。

今後の予定
・11月前半。。。。。間引き再び
・11月後半。。。。。玉ねぎの植え替え
[PR]
by soyamilkcafe | 2010-10-25 23:49 | 時候
<< 灯りがともりました やってしまったぁ… >>